文字サイズを変更する  小  中  大  白黒反転

事業案内

大阪市障がい者基幹相談支援センターは、障害者自立支援法改正に伴い、平成24年4月に大阪市から事業の委託を受け新しく事業を開始しました。
また、障がいのある人、家族等からの相談支援を行う区障がい者相談支援センターを平成24年4月から各区に1か所ずつ市は事業委託しました。
当センターは、区障がい者相談支援センターの相談支援専門員の研修や困難事例に対する専門的相談や検討など相談支援事業が円滑に進められるよう後方支援を中心に行います。区障がい者相談支援センターとの連携と協力をはかりながら市全体の障がい者相談支援事業の向上をめざしています。
また、市民の方へ障がい者理解に向けての普及・啓発事業を行います。

<困難事例に対する専門的相談・検討>

  • 区障がい者相談支援センターから相談依頼のあった事例を専門家
    (弁護士・社会福祉士等)を交えて検討しサポートします。

<相談支援専門員対象の研修会>

  • 相談支援専門員全体を対象とした研修を実施します。
  • 区障がい者相談支援センターの相談支援専門員等には、課題別研修や対象者研修を実施します。

<障がい者虐待の防止や障がい者理解に向けての普及・啓発>

  • 障がい者虐待について
  • 障がい者虐待の防止に関する啓発・広報をします。
  • 障がい者理解に向けての講演会や講座を開催します。

<ピアカウンセラーの養成・登録・紹介>

  • ピアカウンセリング講座を開催します。
  • ピアカウンセラーの人材を登録し、区障がい者相談支援センターからの依頼に応じて紹介します。

<地域移行のコーディネート>

  • 施設を出て地域で生活をしたいと考えている人の希望にそえるよう、
    施設及び、希望する地域にある相談支援事業所、区保健福祉セン
    ターと連携・調整します。
  • 地域移行支援事業のパンフレット「あなたが決めるあなたの暮らし」
    1〜4ページ 4〜8ページ

<社会資源の把握と情報発信>

  • 関係機関と連携を取り、社会資源の情報を
    収集し、それらをホームページ等により
    区障がい者支援センター等に情報を提供します。
※当センターは24区障がい者相談支援センターの後方支援を行っております。
市民のみなさまのご相談につきましては、お住まいの区障がい者相談支援センターに
お問い合わせください。
お住まいの区の障がい者相談支援センターはこちらから